金融機関への借金の返済が終わりました

MENU

金融機関への借金の返済が終わりました

少し前ですが金融機関への借金の返済が終わりました。そして、気になっていた過払い金の相談を弁護士に相談をするといくらかは返ってくる事が分かったので、それを弁護士に依頼をして過払い金請求をして10万円ぐらいがかえってきました。

 

今回の事でおかしいなと思うのは、何故弁護士に依頼をしないとお金が返ってこないのかということを感じました。弁護士への依頼料で数万円は払っているので、これで差し引きほとんどプラスは無いという事になり、折角の債務整理もあまり意味がありません。

 

金融機関が不法に取り過ぎたことは明確なのですから、弁護士から通知が来なくても取り過ぎた分は返すというのが当たり前なのに、なぜいちいちこちらから弁護士を通じて依頼をしなければならないのかという事が不満でなりません。返済中は1日でも返済が遅れれば延滞金がつき、返済が滞るとどんどんとプレッシャーをかけておきながら自分たちが取り過ぎた分は申請が無ければ返さないという呆れた対応を平気でしているわけです。

 

弁護士にしても書類を書くだけで数万円という報酬をとりわけですから、一体この世界はどうなっているのかという事を思ってしまうようになりました。やはり弱者は弱者のままという事なのかもしれません。